世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

【代理母出産経験者が語る】代理母とのその後の関係

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、2017年に代理母出産で息子を授かったさっこです。

 

「代理母出産」を必要とし、真剣に考えている方々のために、私の体験談をシェアしていきたいと思います。

これまでの話を読んでいない方は、順番にこちらから読んでもらえると嬉しいです。

〉〉〉第1話『【アメリカ代理母出産体験談】こうして代理母になってくれた女性と出会った』

 

今回は、番外編代理母とのその後の関係について、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

出産後は、特別会う必要はない

赤ちゃんを引き取った後、代理母に会う必要がないのが私たちの契約でした。

 

さまざまな問題が起こらないように、全てのことが契約書に書いてあります。ですから、特別に会う必要がないのです。

 

そう聞くと、冷たく感じるかもしれませんが、当事者としてはベストだと思っています。

 

私たちの契約は、出産後も6週間続きました。

 

彼女のからだに、妊娠・出産に関わる問題が起こったときの保証と、赤ちゃんに何か問題が起こったときの対応が契約書に書いてあったからです。

 

 

私たちの考え方

代理母出産に挑む前、私たちはカウンセリングを受けました。

 

そのとき「出産後の代理母との関係について、どのように考えているのか」と、聞かれました。

 

私たちは、「自然な流れに任せる」と回答しました。その考えは、今でも変わっていません。

 

友達関係に発展すれば、友達として会うこともありましょう。友達関係に発展しなければ、会うチャンスは、ほとんどないかもしれません。

 

どちらでも構わないと思っていました。自然に任せようと。

 

 

現在の関係

息子くんが生まれて、14ヶ月が経ちました。その間、彼女に会ったのは4回。そのうち、2回は偶然、バッタリ会いました。

 

最初の1年は、乳幼児健診があるたびに、写真と健やかに成長していることを報告していました。

 

今現在は、誕生日などの記念日に、お互いメッセージを送り合うくらいになりました。

 

近すぎず、遠すぎず、ちょうどいい関係だと思っています。今後もどうなるかはわかりません。自然に任せようと思っています。

 

 

出産後の彼女

 

彼女は、出産してから3ヶ月後、フォスターファミリー(何らかの理由で、親元を離れなければいけない成人前の子ども達を、一時的に引き受け、養育する)を再開しました。

 

新たに、可愛らしい女の子達3人を家族に迎え、さらに賑やかな毎日を送っています。

 

息子くんの初誕生日会に家族全員で参加してくれた彼女は、相変わらず美しく、生き生きとした素晴らしい女性でした。

 

 

息子から出生について聞かれたときは

 

息子くんが成長していく過程で、いつか出生のことを聞いてくるでしょう。

 

そのときは、全て正直に話す予定です。

 

彼の人生がどのように始まって、どれだけの思いを込められて生まれてきたのか、どんなに私たちが彼のことを愛しているかを、何度も何度も伝えていきたいと思っています。

 

また、彼女に会いたいというのであれば、そうすればいいと思っています。

 

彼の人生は、彼のもの。全てのことを知る権利が、彼にはありますよね。

 

最後に、ここまで、読んでくださったみなさん、ありがとうございました。

 

このシリーズは、代理母出産をみなさんにオススメしている記事ではありません。しかし、世の中には、代理母出産という選択肢があり、それを選んだ人は、このような人生を送っているんだということを少しでも多くの人に伝えられたら、と思い、ここまで書いてきました。

 

人はみな、それぞれ理由があって、いろんなことを選択しながら人生を歩んでいきます。

 

バックグランドを理解する前に意見を言うのではなく、どんな理由があったのだろうかということに耳を傾けてから、様々なことを議論すべきだと思っています。

 

賛否両論ある代理母出産。私が歩んできた人生を知った上で、あなたはどのように考えますか?

【注意】

この記事は、2012年から2017年にかけて、私個人が感じたり、行動したりした体験談です。

全ての方に当てはまる事例ではありませんので、参考程度にお読みください。

 

合わせて読んでほしい

〉〉〉『【アメリカで代理母出産】代理母出産と日本国籍について考える』

〉〉〉『【親になる】いつ芽生えた?親としての自覚』

〉〉〉『【アメリカで子育て】母性性と父性性を育児に活かす!』

〉〉〉『【経験者が語る】アメリカでの代理母出産にかかった費用について』

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.