世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

【アメリカで代理母出産体験談】妊婦健診はこのように進んでいきました

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、2017年に代理母出産で息子を授かったさっこです。

 

「代理母出産」を必要とし、真剣に考えている方々のために、私の体験談をシェアしていきたいと思います。

これまでの話を読んでいない方は、順番にこちらから読んでもらえると嬉しいです。

〉〉〉第1話『【アメリカ代理母出産体験談】こうして代理母になってくれた女性と出会った』

 

今回は、第6話妊婦健診について、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

妊婦健診

妊婦健診

私は、全ての妊婦健診に付き添いました。

 

ありがたいことに、当時、ベビーシッターとして働いていたお家の方は、とても理解がありました。

 

旦那くんは、健診の度に休むことはできないので、可能な限り、テレビ電話で参加しました。

 

私たちがお世話になったところは、Birth Centreと呼ばれる、助産院です。Certified Nurse-Midwife (CNM)と呼ばれる助産師さんが、全員体制で、診てくださいました。

 

超音波検査などの精密検査は、外部で受けることになり、手間は取られるのですが、別の角度から診てくださる第三者機関の存在は、ありがたい存在でもありました。

 

私が健診で楽しみにしていたことは、ドップラーで胎児の心音を聞くこと。私たちが赤ちゃんを感じられる貴重な時間でした。

 

 

妊婦健診での役割

gray textile hanging on brown wicker basket

妊婦健診では、赤ちゃんに関することは私たちが、彼女の体に関することは彼女が考え、判断することになっていました。

 

彼女にとっては、4度目の妊娠でも、私たちにとっては初めての経験。

 

助産師さんから「何か、質問ある?」と聞かれても、「今は、ちょっと思いつかないです」ということもしばしば。

 

本当に頼りない母親でした。

 

 

妊娠中の諸検査について

pregnant woman wearing red long-sleeved dress

妊娠中に受ける検査は、大きく分けると

  • 代理母のからだの状態を調べる検査
  • 胎児の状態を調べる検査

この二つに分けることができます。

 

代理母のからだの状態を調べる検査は、彼女の個人情報なので、私たちに詳しく知らされることはありません。しかし、胎児の状態を調べる検査は、親である私たちに決定権があり、検査結果も私たちのところに直接教えてくれます。

 

例えば、出生前診断。私たちには、「セルフリーDNAテスト」というテストを受けられるオプションがありました。

 

このテストでは、先天性異常の有無がわかるのですが、彼女が加入していた医療保険では、18トリソミーと21トリソミーが保険適応内で検査できることになっていました。

 

検査方法は、血液検査のみ。注射針が怖い彼女には申し訳ないと思ったのですが、聞いてみたところ「問題ない」と快諾いただき、受けることにしました。

 

誤解を招かないように説明しておきますと、私たちがこの検査で先天性異常の有無を知りたかったのは、心の準備をする期間が欲しかったから。

 

やっとの思いで授かったいのち、生きる力があるいのちなら、どんな障害があっても受け止める覚悟はありました。

 

話が逸れたので、元に戻しますが、「この検査を受けるのは、代理母である彼女ですが、検査結果を受け取るのは私たち」という具合になっていました。

 

この検査を受けたとき、私の父親からこんな質問がありました。

代理母と胎児の間に、血のつながりは生まれるのか?

 

面白い質問だな〜って思いました。

 

私たちが理解している範囲では、

  • 彼女の遺伝子が胎児に引き継がれることはない。
  • 血のつながりとは、遺伝子の引き継ぎ。
  • 代理母の血液中には、胎児の赤血球がごくごく微量混じることがあるようだが、代理母の赤血球が胎児に混ざることはない。
  • 「セルフリーDNAテスト」で調べるのは、代理母の血液中に、ごくごくわずかに滞在している胎児のDNA断片。

 

現段階では、代理母から胎児が受け取るものはあっても、引き継がれるものは何もないと言われています。

 

今後、代理母から胎児に引き継がれる何かについてわかった場合でも、私たちにとって、それほど大きな問題ではありません。

 

何れにしても、かけがえのない我が子なのですから。

 

 

出産計画について

woman holding her prenant tummy during daytime

初妊婦健診の時、彼女からこんなことを言われました。

 

「今度は、バースプランも作らないとね。」

 

初めて聞くバースプランという言葉。彼女によると、バースプランとは、出産計画書。産むのは彼女だが、産まれてくるのは私たちの子。「どのような感じで出産の日を迎えるのか、一緒に考えておこう。」ということでした。

私たちが作ったバースプランについては、こちらをお読みください。

〉〉〉『【テンプレート付き】アメリカ(英語)でのバースプランの立て方』

 

こうして、私たちは、出産の日を迎えることになるのです。その話は、次回、書きたいと思います。

 

【注意】

この記事は、2012年から2017年にかけて、私個人が感じたり、行動したりした体験談です。

全ての方に当てはまる事例ではありませんので、参考程度にお読みください。

 

〉〉〉第7話『【アメリカで代理母出産体験談】出産〜初めまして。私たちがママとパパだよ〜』

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.