世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

【アメリカ代理母出産体験談】代理母になってもいいという女性はこんな方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、2017年に代理母出産で息子を授かったさっこです。

 

「代理母出産」を必要とし、真剣に考えている方々のために、私の体験談をシェアしていきたいと思います。

 

今回は、「代理母になってもいいという女性はこんな方だった」ということについて、書いていこうと思います。

スポンサーリンク

私たちが代理母になってくれる方に望んでいた条件

closeup photo of yellow sunflowers

弁護士さんが持っている「代理母になってくれる女性を待つリスト」に名前を入れた際、自分たちのプロフィールと共に相手に望むことを書きました。

 

まあ、私たちが望む条件みたいなものです。

  • 出産の経験が1回以上ある人
  • 過去の妊娠・出産で、問題がなかった人
  • 心身共に健康な人
  • タバコや麻薬を吸わない人
  • 生活保護を受けていない人
  • 協力的な家族がいる人
  • できれば、近くに住んでいる人

 

代理母になってもいいという方々が、私たちのプロフィールと望む条件を見て、協力するかどうかを決めるシステムなんだそうです。

 

後から知りましたが、私たちが相手に望んだ住んでいる場所以外のことは、お世話になった病院のガイドラインにも入っていました。

 

 

義母が彼女を知った経緯

orange flowers

彼女(Aさん)には、私たちのように、赤ちゃんが欲しいけど産めない友人がいました。

 

Aさんは、その友人のために、代理母になろうと決意し、代理母についてたくさんリサーチをしたそうです。

 

結局、Aさんが友人の代理母になることはなかったのですが、その話を、義母の友人(Bさん)が知っていました。

 

Bさんは、Aさんと友達です。

 

Bさんが、私たちのことをAさんに話したとき、Aさんは「協力できるかもしれない」と言ってくださいました。

 

それを、私たちが義母経由で知ったのです。

 

義母から受け取った連絡先に、緊張しながら電話をかけました。

 

彼女は、エネルギッシュな声の持ち主で、とても優しく対応してくださいました。

 

私たちは、会う約束をして、その日の電話は終わりました。

 

 

彼女は素晴らしい人でした

sun light passing through green leafed tree

忘れもしない、その日は、よく晴れた土曜日。

 

一緒に夕食を食べようということになり、ピザとサラダとケーキを抱え、彼女の家に遊びに行きました。

 

彼女は、パートナーと3人の子ども達、犬、ニワトリ、ハチと一緒に暮らしていました。なかなか賑やかです。

 

みんなで食卓を囲み、談笑した後、庭を散歩しました。ここまでは、子ども達も一緒。

 

その後、私たちはデザートを食べながら、本題に入ることにしました。子ども達は、それぞれ寝る準備を始めます。

 

改めて、私たちのことをお話し、彼女とパートナーの方のお気持ちを確認しました。

 

いただいたお返事は、とても前向き。

 

パートナーの方は、彼女のやりたい気持ちをとても尊重しています。子ども達の反応も大丈夫だったようです。

 

彼らは、これまでにも、フォスターファミリーという「何らかの理由で、親元を離れなければいけない成人前の子ども達を、一時的に引き受け、養育する」ということをやっていました。

 

「人を助けることは、ごく当たり前のこと」という素晴らしい方々。「やってあげているのよ〜」という感じは全くなく、ごく自然にそのような素晴らしいことをやっているのです。

 

子ども達も、「次は代理母になって人助けをするのね〜」くらいの反応だったそうです。

 

ただ、一番下の子(当時6歳)は、「産んでもいいけど、赤ちゃんを連れて帰らないでね。」と言ったそうです。

 

お会いして、彼女の考え方、彼女の生活環境、全てが好きになりました。

 

契約を交わす前に、病院で行われるテストのこと、専門家によるカウンセリングのこと、医療アプローチの進み方など私たちが知っている限りのことを伝えると、全て大丈夫だと言ってくださいました。

 

私たちのためにたくさんの時間を使うことに対し、一つもネガティブなことを言わない彼らに感動し、その日は帰宅しました。

 

次に彼らに会ったのは、病院です。

 

その話は、次回、書きたいと思います。

【注意】

この記事は、2012年から2017年にかけて、私個人が感じたり、行動したりした体験談です。

全ての方に当てはまる事例ではありませんので、参考程度にお読みください。

 

〉〉〉第3話『【アメリカ代理母出産体験談】代理母と契約書を交わすまでの流れ』

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.