世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

アメリカで妊娠!ママと赤ちゃんのお医者さんを選ぶ4つの手順

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、代理母出産で息子を授かった一児の母のさっこです。

 

アメリカで妊娠・出産を計画されている方、最初にする意思決定は次の二つです。

1、どこで赤ちゃんを産むか

2、どのヘルスプロバイダーに診てもらうか

 

今回は、『2、どのヘルスプロバイダーに診てもらうか』に着目して、ママと赤ちゃんのお医者さんを選ぶ4つの手順について書いていこうと思います。

 

赤ちゃんに会うその日まで、何回も何回も顔をあわせる妊娠に関わる医療従事者:Pregnancy Health Provider (Pregnancy Caregiver)だからこそ、あなたにピッタリの人を選びたいですよね。

 

『1、どこで赤ちゃんを産むか』については、下記の記事をお読みください。

〉〉〉「アメリカで出産する場合、最初にする意思決定『どこで赤ちゃんを産むか』

 

スポンサーリンク

 

その1:妊娠検査薬を試す

 

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、できるだけ早くPrenatal Visit(妊婦健診)の予約を作りましょう。初めての妊婦健診は、かかりつけの産婦人科医でもいいですし、かかりつけのファミリードクターや助産師さんでもいいです。

 

もしも、Pregnancy Health Provider (Pregnancy Caregiver)をどなたにすればいいか悩んでいる方は、妊娠・出産において、あなたが求めるものを考えると、必然的にどなたにすれば良いか見えてくると思います。

求めるものは何ですか?
  • 妊娠・出産を通して、経験したいことは何ですか?
  • 出産したい場所は決まっていますか?
  • ハイリスク妊婦ですか?
  • ハイリスク出産ですか?
  • 医療保険は持っていますか?どこの保険会社のものですか?

 

 

その2:各ヘルスプロバイダーの特徴を知る

 

Obstetrician-Gynecologist (OB/GYN)

OBは産科医、GYNは婦人科医。両方の分野を勉強された医師は、OB/GYNという肩書きを持っています。すでにかかりつけのOB/GYNがいらっしゃる場合は、もう人間関係ができていると思うので、安心して健診・出産に望むことができます。

 

また、緊急時に即医療行為ができるようトレーニングを積んできている方々なので、ハイリスクの妊婦ハイリスクの妊娠経験がある方には、安心できると思います。

 

OB/GYNを選んだ場合は、病院出産になります。健診の病院と出産の病院が異なる場合がありますので、ご確認ください。

 

 

Family Physician

かかりつけ医の最大のメリットは、継続して診ていただいているという信頼と安心感です。ただ、OB / GYNを専門にされている方よりも妊娠・出産にまつわる経験は少ないことでしょう。

 

かかりつけ医を選んだ場合、病院出産になります。健診の病院と出産の病院が異なる場合がありますので、ご確認ください。

 

 

Certified Nurse-Midwife (CNM)

American College of Nurse-Midwives(ACNM)の認定を受け、看護と助産の両方を学んだ助産師です。病院、Birth Center、自宅出産などでサービスを提供し、助産以外にも産前産後のケア、定期的な婦人科健診、家族計画へのアドバイスや心のケアまで診てもらえます。

 

低リスクの方で自然な妊娠生活や出産を望んでいる方には、いいと思います。

 

病院出産、Birth Center出産、自宅出産など、お好みの出産スタイルに対応してくださるMidwifeを見つけるといいでしょう。

 

 

Direct-Entry Midwife

American College of Nurse-Midwives(ACNM)の認定は受けていませんが、独学や経験、または、私設の助産師学校や大学などでスキルを取得した助産師です。North American Registry of Midwives (NARM)の認定基準を満たしている方をCMP、ACNMの要件を満たしている方をCMと言います。

 

アメリカ国内では、5%未満の方が、Direct-Entry Midwife に助産をお願いしているそうです。Lay Midwives とか Traditional Midwivesとも呼ばれ、日本でいう『産婆さん』みたいな位置付けだと思います。

 

病院で働いている方、自宅出産を専門にしている方などがおられるようです。お好みの出産スタイルに対応してくださるMidwifeを見つけるといいでしょう。

 

 

Maternal-Fetal Medicine Specialist (MFM), or Perinatologist,

Maternal-Fetal Medicine Specialist (MFM)、または、Perinatologistは、ハイリスク妊娠・ハイリスク出産の専門医です。一般的に、OB/GYやFamily Physician、Midwifeと連携しており、妊婦の症状によって、検査や治療を勧めてくれます。

 

 

その3:ヘルスプロバイダーが決まったら、病院・施設を探そう

 

友達や知り合いから口コミで評判を聞くことができれば、一番信頼できる情報だと思うのですが、今はインターネットでお医者さんや病院のレビューをバンバン見ることができます。

 

お医者さんのタイプを入れ、位置情報をオンにして検索すると近くのお医者さんが出てきます。そして、更にレビューを見てみると、大体絞れてくると思います。

 

また、Birth Centerに興味のある方は、下記のサイトを通して見つける方法もあります。

American Association of Birth Centers(AABC

 

 

その4:病院・施設を見学しに行こう

 

見学するメリットは、自分の妊娠生活や出産するイメージを掴めるということです。

 

通常、見学にも予約が必要ですので、気になる病院や施設へはお問い合わせの上、あなたが加入している医療保険を扱っているかどうかを確認して予約を作りましょう。

 

 

私たちが選んだPregnancy Health Provider

 

私たちが重きを置いたポイントは、医療保険と代理母の気持ちです。

 

医療保険は、適応になることが私たちの大前提でした。もしも、医療保険が適応にならなかった場合、私たちが選んだBirth Centerでは、妊婦健診と通常分娩だけで約$3,000。それプラス代理母出産にかかる費用や検査費諸々が私たちに降りかかってくるわけで。。。ですから、医療保険はMUSTでした。

 

次に重きを置いたのが、代理母の気持ちです。彼女がリラックスして、できるだけストレスを感じない環境を提供したかったからです。代理母の彼女は、Birth Centerでご自身のお子さんを二度出産した経験を持っていました。とてもいい経験だったから、できれば今回も同じBirth Centerで出産したいという希望を持っていました。

 

最終的に私たちが選んだのは、彼女が希望したBirth Centerです。もちろん、夫婦揃って見学説明会に参加して決めました。出産当日、誰が当直になっても情報を共有できているようにという考えから、毎回健診のCertified Nurse-Midwife (CNM)は違いました。しかし、どのCNMもとても丁寧に対応してくださり、特に問題はありませんでした。

 

距離は少し離れていたのですが、彼女と赤ちゃんに問題がなかったので、出産までこのBirth Centerにお世話になりました。

 

ちなみに、私たちがお世話になったBirth Centerは、家族中心をもっとうにしていて、自然分娩で助産してくれる場所でした。自宅で赤ちゃんを出産するような雰囲気の中、できるだけ医療的なアプローチを省いて出産しました。CNMと看護師が助産し、退院翌日には、訪問看護師を派遣してフォローアップするという体制をとっており、とっても安心できました。また、緊急時に備えて病院とも連携していました。お近くに住んでおられる方がいるのであれば、ここは、とってもオススメです。

さっこ

 

 

おわりに

 

アメリカでは、一般的に妊娠8週目辺りから妊婦健診が始まります。

 

妊娠週数は、最後に生理が来た日を【妊娠0週0日】とカウントします。つまり、妊娠が成立している場合、生理予定日から4週間後は、およそ妊娠8週目にあたります。

 

もしも、あなたが何かしら健康上の問題を抱えていたり、前回妊娠・出産した時に何かしら問題があったり、今現在の体調が優れない場合には、妊娠8週目以前でも妊婦健診を始めることができますので、予約をする際、その旨を伝えましょう。

 

まだ、Pregnancy Health Providerをどなたにするか決めかねている場合でも、妊娠8週目あたりには、妊婦健診をスタートするよう推奨されています。Pregnancy Health Providerは、いつでも変更することが可能ですので、深く深く考えすぎず、赤ちゃんとご自身のために妊婦健診をスタートさせてください。

 

いつでも変更することが可能なのですから、気持ちよく出産に望めないような場合は、変更しちゃいましょう。

 

赤ちゃんに会うその日まで、何回も何回も顔をあわせるPregnancy Health Provider (Pregnancy Caregiver)だからこそ、あなたにピッタリの人を選びたいですよね。

 

合わせて読んで欲しい

〉〉〉『アメリカで出産する場合、最初にする意思決定『どこで赤ちゃんを産むか』

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.