世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

赤ちゃんを乗せる前に知っておくべき、4つのショッピングカートのこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、一児の母のさっこです。

 

先日、息子くんがショッピングカートデビューをしました。

 

そして、デビューしたその日に、冷や汗タラリのハプニンングが。。。

 

家に帰ってから、速攻でショッピングカートのことを調べました。すると、知っておくべき情報がたくさん!そこで、今日は、私が学んだショッピングカートのことを皆さんにお伝えしたいと思います。

いつからカートにお子さんを乗せようか考えている方には、こちらの記事がオススメです。

〉〉〉『アメリカのショッピングカート、いつから赤ちゃんを乗せて大丈夫?

 

この記事は、こんな方にオススメです
  • ショッピングカートにお子さんを乗せている
  • 今後、ショッピングカートにお子さんを乗せる可能性がある
スポンサーリンク

ショッピングカートについて知っておくべきこと

その1)ショッピングカートは危険

healthychildren.org」に「Shopping Cart Dangers」についての音声がアップされていたよ。聞いたことある?

リンさん

ないな〜。どんなことを話していたの?

さっこ

AAP(アメリカ小児科医師会)のDr. Don Schifrinがね、

  • 毎年、約23,000人の子ども達がショッピングカードで怪我を負っている
  • 怪我の理由として、ショッピングカートから落ちたことが大部分を占めている

って、話してた。

リンさん

え〜マジで??? 毎年? 約23,000人?

 

そういえば、2011年に、3ヶ月の赤ちゃんがショッピングカートから落ちて亡くなった事故があったよね。ショックだったし、大きくニュースで取り上げられたから、覚えてる。

さっこ

ニュースになるのは、氷山の一角だけだってことだよね。日本ではどう?

リンさん

調べてみたら、アメリカほど事故件数は多くないけど、2016年12月付けで国民生活センターから注意勧告が出されていたよ。

 

2011年から2016年10月までの統計で、118件の事故が報告されていたみたい。

医療機関ネットワークには、「スーパーマーケットで買い物中に転倒した」、「ショッピングセ ンターの金属の扉に走っていてぶつかった」など、スーパーマーケットやショッピングモール 等の店舗内での事故情報が 2011 年度から 295 件(注 4)寄せられています(図 1)。そのうち、シ ョッピングカートに関わる事故は 118 件と約 4 割を占めていました。

引用:「平成28年12月7日 独立行政法人国民生活センター 医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートでの子どもの事故 ‐転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!‐ 」より一部抜粋

さっこ

ショッピングカートは、便利なものだけど、リスクがあるものだっていうことも、知っておくべきだね。

リンさん

 

その2)どのような事故が多いのか

アメリカ日本
1位転落(32%)転落(63.9%)
2位挟む(27%)転倒(16.7%)
3位転倒(11%)衝突/接触(14.8%)
4位衝突(5%)挟む(4.6%)

アメリカの情報:「Shopping Cart Injuries to Children Younger than Five Years Old, 2008−2012 Stephen Hanway, Director, Division of Hazard Analysis, Directorate for Epidemiology U.S. Consumer Product Safety Commission 4330 East West Highway Bethesda, MD 20814 September 2013」より引用

日本の情報:「平成28年12月7日 独立行政法人国民生活センター 医療機関ネットワークにみる店舗用ショッピングカートでの子どもの事故 ‐転落時の頭部損傷のリスクが高く、危険です!‐ 」より引用

事故内容の1位が、「転落」になっているの、なんかわかる気がする。

さっこ

どういうこと?

リンさん

アメリカの話だけど、みんなカートの使い方、すごいじゃない?!

 

これは、まだ理解できる。私も何回かやったことあるし(苦笑)

 

これは、本当に信じられない。

そんな場所に固定もしないでカーシートを乗せて、なんかの弾みで、転落したらどうするの?

2011年に起こってしまった転落事故は、こんな感じで使っていたらしい。

 

これもよく見る。

カートが動いているときは、座っている方が多いけど、写真のように急に立ち上がったりしたら?

カートごと転倒する可能性やカートから落ちる可能性も。

調べてみたら、1994年に、3歳の男の子がカートの中で立ち上がったとき、後方に落下して、頭を打って亡くなるっていう事故があったみたい。

さっこ

やっぱり、正しい使い方じゃないと、危ないよね。

リンさん

 

その3)シートベルトを過信しない

アメリカでも日本でも、カートが動く前にシートベルトを着用するように呼びかけているけど、徹底はされていないよね。

リンさん

大きい子になればなるほど、着用していない感じがする〜。

 

そして、知ってた? 壊れているベルトも結構見るんだよ。


見た目は大丈夫でも、外れやすいベルトとかもあるから、気をつけないといけないよ。

 

この間、うちの息子くん、自分で引っ張ってベルトを外したからね!

 

ベルトを締めたとき、「カチッ」って鳴ったから安心していたんだけど、弱くなっていたみたいで、知らないうちに外していたの。

 

超焦った!! 会計するときまで気がつかなかったからね。冷や汗タラタラだったよ。

さっこ

うわ〜!!! 何事もなくてよかったね〜。

 

本当に自分の目で確認するって大事だね!

リンさん

 

その4)使用上の注意

  • Buckle Up. All children should be securely buckled up before the ride begins.
  • Remain Seated. Children should remain seated at all times.
  • In It for the Ride. No one is to ride on the outside of the cart or the ride will come to an immediate halt.
  • Keep Contained. All hands and feet are to be kept inside the cart at all times.
  • Drive Responsibly. Only responsible adults should be in charge of operating the ride.

引用:「healthychildren.org Safe Shopping with Children」より一部抜粋

【翻訳】

  • シートベルトを締める。すべての子ども達は、カートが動く前にシートベルトを着用すること。
  • 座っていること。子ども達は、常に座っていること。
  • 座席に座る。誰もカートの外側に乗ることはできません。そのようなことがあれば、カートをすぐに止めなければなりません。
  • カートから手足を出さない。いつも、手足はカートの中にあるように。
  • 責任を持って操作する。責任ある大人が、カートを操作すること。
  • 座席以外には乗せない。座席以外に乗っていて事故が起こった事例が寄せられています 座席以外には乗せないように、転落や転倒の危険がありますので。
  • 対象年齢を確認する。カートや店舗の注意表示に記載されている座席の対象年齢・月齢を必ず確認しましょう。
  • 座席ベルト等を着用する。立ち上がったり乗り出したりしないよう注意し、座席にベルトやハーネスがある場合は着用しましょう。
  • カートで遊ばせない。カゴやハンドルにぶら下がるなど、カートで遊ばないようにしましょうカートや店舗の注意表示等もよく確認しましょう。

用:「暮らしの危険336 ショッピングカート 子どもの事故に注意!」より一部抜粋

 

まとめ

赤ちゃんを乗せる前に知っておくべきこと

  • ショッピングカートは、危険である
  • ショッピングカートで起こりうる事故
  • ショッピングカートのシートベルトを過信しないで、自分の目で確かめる
  • ショッピングカートの注意事項を知る

便利なものではあるから、正しく安全に使っていきたいよね。

さっこ

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.