世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

【階段から落ちゃった!】赤ちゃんを抱っこしたまま、靴下で滑り転倒!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、もうすぐ14ヶ月の息子くんの育児に奮闘中のさっこです。

 

息子くんが生まれる前は、ベビーシッターを約7年間していました。

 

育児に関わること約8年、そんなわたしが伝えたい【失敗から学んだ育児シリーズ】第4弾。

 

今回は、1ヶ月前に起こったアクシデント、「息子くんを抱えたまま階段で転倒したお話」です。

スポンサーリンク

失敗談

秋を感じるようになってきた、10月始め。

 

足元から冷えないように、家の中でも靴下を履くようになっていました。

 

アクシデントが起こったのは、いつも通りの夕方。

 

お昼寝から起きた息子くんを抱え、階段を降りていたところ

 

ツルッ どどっど〜〜ん!

 

靴下で滑ってしまい転倒。息子くんを抱えたまま階段を2段ほど滑り落ちました。

 

左手は、手すりを軽く掴んでいましたが、とっさの出来事だったので、私たちを支えることができませんでした。その結果、強く転倒することはありませんでしたが、手すりに腕が強く擦れて、わたしの腕の皮を薄く1枚剥ぎました。

 

息子くんを抱えていた方の腕は、肘を突き出し、息子くんをわたしの身体に引き寄せるように動きました。その結果、わたしの肘を階段に強打しました。

 

自分の痛みよりも息子くんの頭を守れたかどうか、一瞬の出来事で判断がつかなかったわたしは、不安でいっぱいでした。

 

その時、わたしがとった行動は

  • ビックリして泣いている息子くんをあやしながら、ぶつけたかもしれない後頭部をチェックする。
  • 外傷も腫れもないが、念のため、冷やす
  • 冷やすのを嫌がるので、お気に入りの動画を見せる。
  • 万が一のことを考えて、旦那くんに電話。彼の終業時刻が過ぎていたので、早く帰って来てくれるようお願いする。
  • 息子くんに、何か違う様子はないか、経過を観察する
  • 自分のケガに気づき、手当てをする。

 

幸い、息子くんの様子に変わったところはなく、泣き止んだ後は、いつも通り元気に遊んでいました。しかし、翌日の朝、彼が元気に起きてくるまでは、とても心配でしたし、ハプニングから24時間が経過するまでは、彼の様子を注意深く観察していました。

 

今でも思います。あの時、こうしていれば良かったと。

 

 

わたしのいけなかった行動 その1)

油断していました。

 

毎日、幾度となく繰り返される階段の行き来。階段では、気を引き締めなければいけないとわかっていたのですが、注意が足りませんでした

 

 

わたしのいけなかった行動 その2)

靴下で階段を降りたのがいけませんでした。

 

1階と2階をつなぐ階段は、木の階段。靴下は滑りやすいとわかっていました。

 

 

今回のアクシデントから学んだこと

できる限り、アクシデントを回避できるよう、わたしなりに学んだことがありました。

 

 

学んだこと その1)油断大敵

油断大敵この一言に尽きます。「滑るかもしれない」、「落ちるかもしれない」という意識を、常に持たなければいけませんでした。

 

気をつけているつもりではいたのですが…。

 

「○○○してしまうかもしれない。」

 

何事にもこの意識を持つようにします。

 

 

学んだこと その2)スリッパを使う

我が家の木の階段と靴下の相性は最悪!本当によく滑るんです。

 

ですから、夏は裸足で、寒くなってきたらスリッパを使うようにしていました。

 

しかし、その日は、秋の気配を感じ始めた、どっちつかずの日。

 

スリッパのシーズン初めということもあり、まだ使っていませんでした。

 

スリッパを履いていたら…。滑ることはなかったのに…。

 

いろんなスリッパを履いて見た結果、わたしが愛用しているのは、底が、しっかりとしたゴム製のスリッパ

SCUFFETTE II

画像引用:「UGG 公式サイト」より

わたしは、息子くんが生まれてから、UGGのスリッパを愛用しています。

天然ウールのフワフワ感が心地よく、絶対に滑らないゴム底が魅力的です。

階段から滑り落ちたあの日、このスリッパを履いていたら…。と、今でも思います。

さっこ

【日本にお住いの方へ】

アマゾンでの購入が、540円お得です。

 

【アメリカにお住いの方へ】

公式サイトでの購入が、だいぶお得です。

 

 

おわりに

あれから、1ヶ月以上経ちますが、強打した肘は、まだ少し痛みます。

 

痛みを感じるたび、あの日のことを思い出し、反省。

 

今回は、息子くんに何事もなくて本当に良かったですが、もう二度とあんな思いはしたくありません。

 

同じことが起こらないよう気をつけていこうと思います。

 

〉〉〉合わせて読んでほしい

【失敗から学んだ育児シリーズ 第1弾】『目を離した隙に、階段を登っていた赤ちゃん!どう対応すればよかったのか徹底分析』

【失敗から学んだ育児シリーズ 第2弾】『痛い思いをさせてごめんね。赤ちゃんの爪切り中に指も切っちゃった話』

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.