保健室トーーク

【2018年限定 世界中で頑張るママ達を応援する無料企画】

モヤモヤしている子育てのこと

これでいいのかな? と自信が持てない子育てのこと

世間体が気になって、素直に話せない子育てのこと

 

オンライン保健室で話してみませんか?

 

 

 子育て情報が欲しい

 言葉の壁から、うまく悩みを共有できず、孤独に子育てを頑張っている

 パートナーとうまく子育て分担ができず、子育てを一人で頑張りすぎている

 子育てに自信が持てない

 自分の育児に対する思いを誰かに聞いてほしい

 世間体が気になって、素直に子育てのことが話せない

 

 

当てはまったそこのあなた!

そのモヤモヤしている子育てのこと、オンライン保健室で話してみませんか?

 

【オンライン保健室とは】

世界中で頑張るママ達が、いつでも集える憩いの場。共に学び合い、認め合い、相談し合う、そんな場所です。この保健室から帰るときには、『また頑張ろう!』という気持ちが湧いてくるはず!

 

 

保健室トーークに参加すれば、もう一人じゃありません。

話すことでモヤモヤ軽減!

話すうちに頭の中が整理されていく!!

他の人の育児法を知ることで育児の幅が広がる!!!

 

 

 

【実際にあった話 ①】

ぶりッ  ぶりぶりぶりッ

パパさん「ちょっとママ〜 ウンチのオムツは交換できないから、ママやって〜」

(ママさんの心の声:あんたのママじゃないし。交換するのが嫌なだけでしょ!も〜イライラする!!)

 話す場所『保健室トーーク』があれば、「交換できないって…。できるでしょ!」とみんなでパパさんのことを突っ込みながら、笑い話にできます。そして、「何も言わないで交換してあげたママさんってすごくない?」 「愛だね愛♡」 「ママさんの人間出来てるわ〜。」などと、絶賛の嵐間違いなし。

 

【実際にあった話 ②】

みんなやっているみたいだし、今日からスリープトレーニング始めようかしら。

(1分後)
「うぎゃ〜 うぎゃ〜」

(3分後)
うぎゃ〜 うぎゃ〜

(10分後)
うぎゃ〜 うぎゃ〜 ギャーーー

(15分後)
ギャーー キャーー ウギャーー

(ママさんの心の声:何分耐えなきゃいけないのよ!泣き声を聞いていると涙が出てきちゃう。誰か教えてよ〜。)

 話す場所『保健室トーーク』があれば、同じことを経験された方に会えるかもしれません。経験談を聞くことで、自分の育児に使えるアイディアが浮かんでくるかも。そして、「15分も泣き声に耐えたんだ〜。大変だったね。」 「相談する人が側にいなくて大変だったね。」などと、あなたのことを受け止めてもらえます。誰もあなたを責めたりしません。

 

【実際にあった話 ③】

日本人コミュニティーにて

Aさん「私、お魚の共同購入やっているの。おたくの○○くんの成長にはお魚がいいわよ。購入者リストに入れておくわね。」

ママさん「あっ。 はい。。 ありがとうございます。」

(ママさんの心の声:興味はあったけど…。グループに入っちゃった…。高いかな〜? 好きな魚だといいんだけど…。っていうか魚さばけないし。そんな時間もないし。切り身にしてくれるのかな? なんだか喋りにくいな〜。)

 話す場所『保健室トーーク』があれば、そんなエピソードもネタになる。子どもが魚好きになる料理のアイディアが飛び交うでしょうし、魚のさばき方指導まで受けられちゃうかも。そして、話しながら自分の頭の中が整理できてきて、これからどうすばいいのかクリアになっていくはず。

 

 

一人で抱え込むと、イライラも不安も行き場がなくて消化不良に。

保健室トーークに参加すれば、もう一人じゃありません。

 

 

初めまして。オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営している『さっこ』と申します。2017年9月に代理母出産にて息子を授かった一児の母です。

日本に住んでいた頃は、保健室の先生として小・中学校で10年間、働いていました。

先生時代は、保健指導や安全指導、給食指導、清掃指導など色々やりましたが、メインの仕事は子ども達の話を聞くことだったと思っています。

ボールがぶつかって泣きながら保健室に来た小学1年生の子。ケガの手当てをしながら話を聞きます。話を聞きながら、どうしてボールがぶつかったのか、どうすればよかったのか、考えさせるのも保健室の先生のお仕事。こうやって痛い思いをしながら子ども達は大きくなっていくのです。痛い思いをした時は、これからどうしていけばいいのかを考えるチャンスだと思っています。

中学校で働いていた時は、3年生の女子が腹痛でよく保健室に来ていました。腹痛の原因のほとんどは、便意を我慢した結果。休み時間は恥ずかしくて用をたせないとのことで、授業中に腹痛を訴えて保健室にやって来ては職員トイレで用をたすを繰り返していました。この女子生徒と話をした結果、朝、登校する前にトイレに行く習慣ができれば一番いいのではないかということになって、そこから生活指導が始まりました。

表面にある問題から、真の問題はなんなのかを探るには、話をじっくり聞くのが一番です。

 

 

そして、ご縁があって、アメリカに移り住んだのが、8年前の2010年。それからは、息子が生まれる前日までの約7年間ベビーシッターとして働いていました。

ベビーシッターをさせてもらった子どもの親御さんは、ほとんどが新ママさん/新パパさんでした。生活リズムや食事など親御さんと一緒に試行錯誤しながら、ベビーシッターをしていました。

ベビーベットに赤ちゃんを置いてから30分も泣かれると、「スリープトレーニングを始めるタイミングじゃないかな?まだ早いかな?」と思ったり、オムツかぶれができると、「この食べ物と関係あるかな?」と考えたり。マニュアル通りにいかないのが子育て。その都度、親御さんとはたくさん話をして、一緒にどうすればいいのか考えました。

うまくいかないモヤモヤや自信がないところは、話し合うことが大切です。

このような経験と培った知識が、誰かの役に立つのではないかと思い、『保健室トーーク』を企画しました。

『保健室トーーク』は、2018年限定の無料企画です。

 

お申し込みの流れ

お申し込みボタンを押しますと、メルマガ登録フォームが開きます。
必要事項を入力し、登録してください。
メルマガ登録後に送られる第1通目の自動返信メールの中で、無料オンライン通話について詳しくご案内いたします。
第2通目のメールで、フェイスブックの非公開グループ『サトコミュニティ』へご招待いたします。非公開グループとは、グループは誰でも検索できますが、メンバーとグループ内の投稿を見ることができるのは、参加メンバーのみというFacebookページのことです。
そのページ内で『保健室トーーク』の日程と無料オンライン通話をする際に必要となる『ミーティングID』をお知らせいたします。

イベント当日は『指定のURLから』もしくは『ミーティングID』を使って、『保健室トーーク』にご参加ください。途中参加、途中退室されても構いません。お子さんのご都合に合わせてお気軽にご参加ください。親子参加も大歓迎です。

 

 

Q&A(よくある質問と回答)

 

Q:どのような形で話をするのですか?

A:ZOOMという無料で使用できるオンラインビデオ通話ツールを使用します。

 

Q:オンラインビデオ通話をしたことが無いのですが、大丈夫でしょうか?

A:お申込みをいただいた後、事前に必要な準備を解説したご案内を送ります。そちらを見ながら一緒に設定していただければ、初めての方でも安心して無料オンラインビデオ通話ができるようになります。

 

Q:Facebookを使用していません。参加できますか?

A:参加できます。メルマガでも日程等をご案内いたします。

 

Q:初対面の方と話すのは緊張してしまうのですが?

A:聞き役専門で参加することも可能です。事前にその旨をご連絡ください。

 

Q:匿名、顔出しなしで参加することは可能ですか?

A:可能です。音声のみでも参加いただけます。ビデオ通話の画面には名前が表示されるのですが、表示される名前はニックネームでも構いません。ニックネームの表示方法に不安がある場合は、この旨をご連絡ください。表示方法についてご案内します。

 

その他、質問や不安なことなどがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.