世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

立派なお飾りはないけれど、アメリカでも心に残る赤ちゃんの初節句

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、一児の母のさっこです。

 

今回は、赤ちゃんのお祝い事シリーズ第2弾、『初節句』について書いていきたいと思います。

 

⇨ 第1弾:アメリカに住んでいても赤ちゃんの人生初お祝い事はお七夜・命名式

 

 

はじめに

 

2017年9月、我が家に待望の男の子が誕生しました。

 

アメリカに住んでいますが、日本人の母親とアメリカ人の父親を持つ息子くんには、両国の文化を大切にする心を持って欲しいと願い、お祝い事や季節の行事は大切にしています。

 

 

『初節句』とは

 

赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のことを『初節句』と言います。男の子でしたら、初めて迎える5月5日の端午の節句、女の子でしたら、初めて迎える3月3日の桃の節句が『初節句』になります。

 

 

我が家に誕生したのは男の子なので、先日のこどもの日は、息子くんにとっての初節句でした。

 

『初節句』って、具体的に何をすればいいの

 

調べてみると、出産祝いをいただいた方々をお招きしてお祝い膳を囲むのが一般的。初節句だからといって、特別なセレモニーとかは無いようです。

 

初節句にお招きできなかった方々へは、内祝いを贈るのが日本では通例ですが、ここはアメリカ。Thank you cardでお礼は済ませてしまいました。

 

さて、困った!息子くんの初節句、どうやってお祝いしたらいいかな〜?

さっこ

 

 

お飾り

 

鯉のぼり

実は、鯉のぼりは持っています。友達からいただいた縮緬の小さな鯉のぼりと義母からいただいた大きな鯉のぼり。

 

なぜ、義母が持っていたかというと、日本に遊びに来た際、ホームセンターで売っていた大きな鯉に一目惚れ♡即買してアメリカに持って帰って来たものの物置で眠っていました。

 

ここ数年は、旦那くんが職場に持っていって、イベントがあるときに鯉のぼりを星条旗の下に泳がせていたので、義母から旦那くんへ自然な流れで渡りました。

 

この大きな鯉のぼり。残念ながら、森の中に住んでいる私たちには、泳がせる場所がありません。泳がせられたとしても木に絡まって破れること間違いなし。

 

でも、『どんな環境にも耐え、立派な人になるように』という願いは、息子くんにも届けたいので、小さな縮緬の鯉のぼりを飾ることにしました。

 

五月人形

子どもの身代わりとして降り掛かろうとする災厄から守ってくれる五月人形。結構お高いですよね。購入を躊躇したまま初節句が近づいて来ました。今年の節句には、もう間に合いません。

 

でも、『交通事故や病気などの厄災から守ってくれるように』という願いは、息子くんにも届けたい。

 

そこで、今年は9枚の金色の折り紙と9枚の銀色の折り紙を貼り合わせて、兜を折り、それを五月人形の代わりにしました。

 

息子くんに降りかかろうとする厄災が全てこちらの兜に行きますように。。。

     

 

 

お祝い膳

 

息子くんのお祝いなのに、息子くんが食べられないものを準備してもしょうがないと思い、この日は、息子くんがお気に入りの離乳食を用意しました。

朝食:ご飯、チキンと野菜の煮物、かぼちゃとレーズンのサラダ

昼食:シナモン・バナナ・レーズン・オートミールのプルーンソース乗せ、りんごとケールのデザート

夕食:ご飯、豚汁、りんごとプルーンのデザート

 

この日は気温がちょうどよく、最高のピクニック日和だったので、近くの公園へ。お花見をしながらランチをいただきました。

   

 

その他

 

何か特別感が足りない気がし、下記の二つのことをしました。

 

花を植える

やってみたら、結構いいかも。毎年の恒例になりそうな予感!来年からは、息子くん自身にお花を選んでもらおうと思ってます。

 

願いを毛筆でしたためる

どんな風に育って欲しいかを一言で表現。母の願いは『正直』、父の願いは『しっかり』。旦那くんのチョイス、面白いですよね。しっかりした人になって欲しいんだそうです。

 

おわりに

 

私たちなりに考えて、息子くんの初節句をお祝いしました。この日のことは、息子くんが大きくなったら、話したいなあ〜と思っています。

 

これからも、健やかに育ってくれますように。。。

 

⇨ 第3弾:アメリカ在住でも、できる範囲で無理なく楽しく赤ちゃんのお食い初め

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.