世界中のママ達とお友達になれたら嬉しいです。お気軽にご登録、ご連絡ください( ´ ▽ ` )ノ

アメリカから世界中のママ達をつなぐ、オンライン子育てサロン

ちゃんと考えてから使ってね。大きな危険性がある赤ちゃん用品

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。アメリカ在住、一児の母のさっこです。

 

もう少しで、息子くんの初バースデーだね。誕生日プレゼントに「歩行器」をプレゼントしようと思っているんだけど。そろそろ歩く練習もしたいかな〜って思って。

リンさん

ありがとう♡ 早いもので、もうすぐ1歳だよ〜。信じられないけど!!

 

誕生日プレゼントをもらえるなら、「歩行器」じゃないものがいいな〜。実はさ、「歩行器」って、販売が禁止されている国があるくらい、安全なものじゃないんだよね。

さっこ

うっそ〜。知らなかった!!

リンさん

残念ながら、売られている赤ちゃん用品全部が、安全なものではないんだよね。だから、赤ちゃんにどんな危険性があるのかを知った上で、赤ちゃんに使うかどうか自分で考えないといけないんだよね〜。

 

で、うちでは、「歩行器」を使用しないことにしたんだ。

さっこ

そうだったんだ〜。ちなみに、他にどんなものがあるか知ってる?

リンさん

うん。私が知っている範囲で教えるね。

さっこ

この記事はこんな方にオススメ
  • 小さなお子さんがいる
  • 小さなお子さんへのプレゼントを探している
スポンサーリンク

コンシューマーレポートが発表している「避けた方がいい13の赤ちゃん用品」

 

コンシューマー・レポート(英語: Consumer Reports)とは、非営利の消費者組織であるコンシューマーズ・ユニオン(Consumers Union)が、1936年から発行しているアメリカ合衆国の月刊誌である。

 

概要 ※一部抜粋

独自の試験施設で行う消費財(幅広い製品やサービス)の比較検討調査の結果をレポートしている。そのほか、企業に対して製品やサービスの品質の向上、アメリカ合衆国連邦政府に対しては、規制法令の整備についても積極的に同誌を通じて訴えている。

引用:ウィキペディア

 

※スマートフォンから下記の表をみる場合は、携帯電話を横向きにしてみてくださいね。

Why they’re dangerousなぜ危険なのか ※日本語訳

Drop-side cribs

(柵が上げ下げできるベビーベッド)

The moveable drop side can drop, suffocating or strangling a baby.柵が落ちた際、赤ちゃんが挟まって締め付けられたり、窒息する危険性があります

Bumpers

(ベビーベッドバンパー)

Bumpers are designed to keep a baby from hitting her head on crib slats. But they’re a suffocation hazard and may be linked to Sudden Infant Death Syndrome.ベビーベッドバンパーは、ベビーベッドの柵に、赤ちゃんが頭をぶつけないよう、デザインされたものです。しかし、これらには、窒息の危険があり、SIDSとの関連があるかもしれません。

Sleep positioners

(スリープポジショナー)

These are used to keep a baby from rolling onto her stomach, or to elevate her head and back to avoid acid reflux. But babies can suffocate if they put their faces against a sleep positioner or if they slip free and roll into crib bedding.スリープポジショナーは、赤ちゃんがうつ伏せになるのを防いだり、背中から頭にかけて高くすることで、吐き戻しを防いだりします。しかし、スリープポジショナーに顔がうずくまったり、体が滑って寝具に巻き込まれまりすると、窒息する可能性があります。

Blankets and pillows

(ブランケット、枕)

A baby can become tangled in a blanket and suffocate, or be smothered by a pillow.赤ちゃんは、ブランケットに絡まって窒息したり、枕で鼻と口が塞がれて呼吸困難になる可能性があります。

Crib tents

(ベビーベッドテント)

The dome-shaped or drape-style tents are intended to keep a baby from climbing out of cribs and play yards. But babies can get wrapped up in the fabric and strangle.ドーム型テントや天蓋カーテンは、ベビーベッドから柵を登って出ないためのものです。しかし、ベビーベッドテントの布が巻きつき、首が締まる可能性があります。

Bedside sleepers

(ベッドサイドスリーパー)

Also called co-sleepers, these allow infants to sleep near their mother for nursing, but the CPSC hasn’t established safety regulations for them. Also, the AAP didn’t add them to its list of recommended places for a baby to sleep, and our safety experts don’t recommend them, or co-sleeping in general, due to the risk of suffocation.コースリーパーとも呼ばれ、授乳をしやすくするため、赤ちゃんが母親の近くで眠ることができるベッドです。しかし、CPSC(アメリカ消費者製品安全委員会)は、安全基準を設けていませんし、AAP(アメリカ小児科学会)が推奨する赤ちゃんが眠る場所リストにも入っていません。そして、コンシューマーレポートの安全委員会は、一般的に添い寝は赤ちゃんが窒息する危険性があるため、推奨しません。

Changing tables with fewer than four sides

(柵がほとんどないオムツ交換台)

A child could fall to the floor.子どもが床に落ちる可能性があります。

Unsecured furniture

(転倒、転落する可能性がある家具)

 

Toppling furniture can kill a child in an instant.家具が倒れてくると、一瞬で子どもの命を奪う可能性があります。

Sling carriers

(ベビースリング)

The risk is that a small infant’s head could bend forward or her face could press against the adult’s body, both of which can block the baby’s airway and cause suffocation.危険なのは、赤ちゃんが顎を引いた状態になったり、スリングを使っている大人の体に赤ちゃんの顔が押されること。赤ちゃんの気道を塞いで、窒息させる可能性があります。 

Walkers

(歩行器)

They can help a baby stand and walk before she can do it on her own. But walkers also allow your baby to scoot into danger and maybe even fall down stairs.歩行器は、歩き始める前の赤ちゃんが立ったり、歩いたりできるよう補助するものです。しかし、歩行器は、階段から転げ落ちるなど、危ないところに向かわせる可能性があります。

Infant bath seats

(乳児用バスシート)

They’re designed to help a child sit upright in a bathtub but they give parents a false sense of security. Bath seats can tip over and babies can fall into the water and drown.乳児用バスシートは、子どもがまっすぐ背中を伸ばして座れるようデザインされています。しかし、両親に間違った安心感を与えています。バスシートは、ひっくり返ったり、お湯の中に倒れて溺れる可能性もあります。

Bumbo seats

(バンボベビーチェアー)

These cute and colorful chairs are used to help younger babies sit upright, but infants can fall from Bumbo baby seats by arching, leaning, or rocking themselves, the CPSC warned in a November 2011 safety alert.

これらの可愛らしくカラフルな椅子は、赤ちゃんが背中を伸ばして座れるように作られたものです。しかし、赤ちゃんが体を仰け反らせた際や傾けた時、前後に揺らした時などに、椅子が倒れる可能性があり、2011年11月からCPSC(アメリカ消費者製品安全委員会)は警鐘を鳴らしています。

※引用:Consumer Reports, 13 dangerous baby products to avoid, Find out what to buy instead to keep your child safe, ShopSmart: June 2012

実は、ここだけの話。うちで使っているおむつ交換台は危険だって思ってる。

さっこ

えっ?? どういう事?

リンさん

タンスの高さが、オムツを交換するのにちょうどよくて、その上にオムツ交換マットを固定もせずに、ただ乗せているって感じなの。

さっこ

うちもそうだよ。普通普通。たまにベルトは使うけどね。

リンさん

結構、多いよね。こんな感じでオムツ交換マットだけ使っている人。私は、赤ちゃんが落下する可能性があるっていう危機感をいつも持ちながら。。。それでも使ってる(汗)

さっこ

おむつ交換台に赤ちゃんがいるときは、手を添えるとか、絶対離れないとか、危険性を理解した上で、きちんとしていればいいんじゃないかな。

リンさん

でも、このスタイルは、他の人にオススメできないね。(苦笑)

さっこ

 

 

コンシューマーレポートが発表している「使い方によっては危険がある赤ちゃん用品」

 

下記のどの製品も、正しく利用すれば安全です。しかし、使い方によっては、危険がありますので、ご注意ください。

 

※スマートフォンから下記の表をみる場合は、携帯電話を横向きにしてみてくださいね。

Potential problem(s)潜んでいる危険 ※日本語訳

Baby monitor with cord

(ベビーモニターとコード)

This device helps you keep an ear and eye on your baby, and having a power cord to plug in helps save on batteries. But infants have strangled on the cords when monitors were placed in their crib or within arm’s reach of it.この製品は、赤ちゃんの側にいなくても、モニターを通して、赤ちゃんの様子を見聞きできるものです。電源コードを差し込んでおくと、バッテリーの節約になります。しかし、電源コードがさしっぱなしのモニターをベビーベッドに置いたり、赤ちゃんの手が届くところに置いたりすると、首を絞める可能性があります。

Humidifier and vaporizer

(加湿器、噴霧器)

This appliance can get dangerously hot. So avoid using a warm-mist humidifier or vaporizers in children’s rooms. The hot steam can easily cause burns, and some of the surfacesこの機器は、危険なほど熱くなります。ですから、子ども部屋では、温かいミストが出る加湿器や噴霧器を使わないようにしましょう。熱い蒸気に触れると、簡単にやけどします。

Jogging stroller

(ジョギングできるベビーカー)

Some manufacturers suggest that a child as young as a few months can ride in a jogging stroller, but our medical consultants think a baby should be at least 1 year old before you take her jogging. A young infant who can’t hold her head up risks asphyxia if she’s not properly reclined—her head could fall forward, restricting her breathing. Our consultants also warn that all that jostling isn’t good for an infant and that you or your child could fall.いくつかの製造会社は、数ヶ月の赤ちゃんからジョギングできるベビーカーに乗れると推奨していますが、私たちのメディカルコンサルタント達は、赤ちゃんを連れてジョギングに行くのは、早くても1歳になってからだと思っています。首が座っていない赤ちゃんは、頭が前に倒れると、呼吸が制限され、窒息する危険性があります。私たちのメディカルコンサルタント達は、転倒の危険性があるとして、赤ちゃんをベビーカーに乗せてジョギングすることに警告を出しています。

Safety gate

(安全ゲート)

A pressure-mounted safety gate can help keep your little one from going up the stairs but isn’t strong enough to keep him from falling down.圧力で取り付けられた安全ゲートは、赤ちゃんが階段を登らないようにガードしますが、階段から転げ落ちないような強度はありません。

Unfastened harnesses on car seats, strollers, high chairs, and other products

(ハーネスベルトが緩い製品)

Babies have been injured or killed when their harness was not fastened securely and they fell, sometimes from a height of several feet.ハーネスベルトが、しっかりと固定されていなかったために、高いところから転落する事故報告があります。

※引用:Consumer Reports, 13 dangerous baby products to avoid, Find out what to buy instead to keep your child safe, ShopSmart: June 2012

 

そういえば、昨日の話なんだけど。ベビーカーを忘れて、お買い物に出かけちゃったの。で、仕方ないから、初めて息子くんをショッピングカートに乗せたんだ。

さっこ

かわいい♡

リンさん

でね、息子くんはすごく楽しく乗っていたんだけど、最後の最後にベルトを自分で外しちゃってさ〜。

さっこ

ひえ〜〜〜。

リンさん

気付いた時は、冷や汗が出たよ。やっぱり、みんなで使っているものだから、緩くなっていたみたいでさ。この次は、もっと気をつけてベルトをチェックするよ。

さっこ

 

 

おわりに

研究結果は不定期に更新されるから、赤ちゃん用品の最新情報が欲しい時は、下記のサイトがオススメ。

さっこ

ありがとう。知らなかったこともあって、勉強になっちゃった。

リンさん

了解! 読んでみるね。

リンさん

 

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
アメリカ在住歴8年のさっこです。 アメリカでのベビーシッター歴約7年の経験と、元保健室の先生歴10年の知識を活かして、オンライン子育てサロン『ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜』を運営しています。 一人で子育てに悩むママ達がいなくなることが私の最終ゴール!一人で悩んでいるママがそこにいましたら、お気軽にご連絡ください。 私自身もただ今子育て中の新米ママです。毎日、子どもと一緒に成長中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ママ達の保健室〜サトコミュニティ〜 , 2018 All Rights Reserved.